Mansion Reform

バス・トイレ

ユニットバス

 マンションの浴室に多く設置されているユニットバス。古くなってきたからリフォームしたい、新しい機能を追加したいと考えている方もいると思います。ユニットバスは、小さな部品を壁面に取り付けるだけでも、壁裏の補強材が必要となり大掛かりな改修となることが多いです。リフォームを行うのであれば、今後行いたい工事なども一気に行うことがおすすめです。ユニットバスのリフォームについて紹介します。

◇浴槽関連
 ジャグジー機能は騒音や振動がどうしても発生します。隣や下の居住者に影響する可能性があるので防音対策などもあわせて検討をしましょう。
 浴槽のサイズもさまざまあり、子どもが多い大家族であれば大型の浴槽も有用です。高齢夫婦の場合や浴槽を使用しないシャワー族であれば、小さい浴槽や浅い浴槽が経済的です。入浴時間帯がそろわない家族では、お湯の冷めにくい魔法瓶型の保温浴槽がおすすめです。節水のために、浴槽から洗濯機まで残り湯専用の配管を設置できるものもあります。

◇シャワー関連
 水圧を調節できたり節水に効果があるなど多種多様なシャワーヘッドがあります。DIYショップで購入でき、個人で手軽に付け替えることができます。天井に取り付けるオーバーヘッドシャワーは工事が必要となります。シャワーヘッドの高さを調節できる縦方向のバーの設置もおすすめです。浴槽近くに設置すれば、浴槽へ入るときの補助手すりとしても使用できます。

◇掃除のしやすい素材
 最近は掃除しやすく、カビが発生しにくい機能のものが多く登場しています。水アカのつきにくい浴槽、カビの発生の抑制に効果がある水切れの良い床、掃除のしやすい排水口、取り外して洗える浴室カウンターなどがあります。

 浴室のリフォームは管理組合への届け出が必要な場合があるので、事前に管理規約で確認をしておきましょう。



ユニットバス