Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 >藤和聖蹟桜ヶ丘コープ(東京都多摩市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

藤和聖蹟桜ヶ丘コープ(東京都多摩市)

藤和聖蹟桜ヶ丘コープ(東京都多摩市)
建設概要
昭和57年11月竣工
鉄筋コンクリート造
地上7階建
[総戸数]44戸
東京都多摩市
[事業主]藤和不動産

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

入り口

入り口

 前管理会社は管理組合発足時からの管理会社でした。しかし、管理委託費や、サービス面等への不満から、合人社へのリプレイスを決断し、現在に至ります。現在は、サービス面、管理委託費の金額面ともに満足のいく管理をしていただいています。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

 住まいへの愛着から、私の当マンションへの愛は相当なものだと自負しております。何より、当マンションは住んでいる方々の「心が良い」のが、最大の魅力と感じています。おかげさまで、組合発足以来、約3分の2は理事長を務めてまいりました。

最近、組合で取り組んでいることや解決されたこと、課題などがありましたら、お聞かせください。

マンション外観

マンション外観

 3回目の大規模修繕工事が完了しました。今回はこれまでの大規模修繕工事と違い、窓サッシの一斉取り替えを同時に行うものでしたので、40戸ほどの当マンションにとっては、かなり高額の支出となりました。そのため、住民の負担を考えると、理事長としては大きく心配・不安が募っているところに、漏水事故や窓サッシの開閉不良等が頻発し、ハラハラドキドキという心境でした。

 いざ工事が始まると、真夏の暑い時期での安全な工事進行を考えなければならず、緊張の日々でした。

 その中で大きな救いは、当マンションフロント担当の存在でした。着任当初は、不慣れな業務ということもあり、正直不安になることもありましたが、最近では常に当マンションのことを考えて、親身になって建築担当者や業者との調整や、的確な事例やアドバイスを与えてくれています。打ち合わせを含め長い期間でしたが、成功へ導き、事故なく無事工事を完了できたことに感謝しております。

 しかしながら、安心してばかりはいられない点として、当マンションも高齢化という課題が挙げられます。年金暮らしの方もいる中で、お金の心配なく万人が安心して暮らしていける環境づくりを目指し、合人社には管理組合をリードする存在として尽力いただきたいと思います。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

聖蹟桜ヶ丘駅 大栗川 九頭竜公園

聖蹟桜ヶ丘駅

大栗川

九頭竜公園

 最寄りの聖蹟桜ヶ丘駅周辺は、商業施設も充実しており、極めて生活は便利です。

 また、多摩川や大栗川が近くを流れ、緑地帯や散策コースもあり、緑多き環境も魅力です。


小杉 龍一さん 理事長さんのプロフィール

小杉 龍一さん 68才
(こすぎ りゅういち)

造園会社の取締役。
妻、子ども3人の5人家族。
特技は日本庭園造り。趣味はウオーキング。

2020年4月掲載