編集部からのご回答

マンション管理

専用庭の植栽剪定は共用部分の植栽剪定と一緒にしてもらえるのか

専用庭の植栽剪定を行いたいのですが、共有の敷地内の植栽剪定と一緒にしてもらえるのでしょうか?

専用庭やバルコニーなど、日常生活を送る上で区分所有者が専有しないと不都合が生じる共有敷地・共用部分には、専用使用権が与えられています。

マンションの標準管理規約には、専用使用権のある共有敷地・共用部分について、「通常の使用に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と負担を負う」と定められています。「植栽の通常の使用や管理」とは枝の剪定、日常の清掃や水やり、雑草の除去等を指すと考えられ、専用庭の植栽剪定は、専用使用権を持つ方がすべきでしょう。

ただし、管理規約等で、専用庭の植栽剪定等の管理方法を規定している場合もありますので、管理組合・管理会社に問い合わせしたほうがよいでしょう。

(2018年10月掲載)

回答の一覧に戻る

個人でできるリフォームの範囲とは

マンションのリフォームを検討しています。個人でできる範囲を教えてください。

マンションには専有部分と共用部分があり、個人がリフォームをすることができるのは、専有部分です。マンション標準管理規約では、天井、床及び壁は、躯体部分を除く部分を専有部分としています。したがって、壁紙や室内ドアの交換、浴槽やトイレなどの設備の交換はリフォームできます。

バルコニーや玄関ドア、窓サッシは共用部分になりますので、交換をすることはできませんが、玄関ドアの鍵やドアの内側の塗装部分は専有部分ですので、リフォームは可能です。

お住まいのマンションによって異なるので、事前に管理規約を確認したり、管理会社に相談したりするとよいでしょう。

(2018年10月掲載)

回答の一覧に戻る

前所有者が滞納した管理費等は支払わなければならないのか

前所有者が滞納した管理費等を管理組合から請求されたのですが、支払わないといけないでしょうか。

前所有者が滞納した管理費等の支払義務は新所有者に継承されるため、支払う必要があります。

売買、交換、贈与、競落などの方法により他人から所有権を取得した者を特定承継人といいますが、区分所有法第8条により、管理組合は債務者たる区分所有者の特定承継人に対しても債権行使ができることになっています。

つまり、管理組合は滞納した前所有者、またはその特定承継人である新所有者のどちらに対しても滞納管理費等を請求することができるのです。

また、新所有者と前所有者の間で新所有者に支払義務がないと取り決めをした場合においても、この取り決めは当事者間のものに過ぎないため、第三者である管理組合に主張することはできません。

(2018年5月掲載)

回答の一覧に戻る

マンションに防火管理者は必須か

マンションにおいて防火管理者の設置は必須ですか。

消防法の規定では、ある一定以上の収容人員を有する事業所等(マンションを含む)において、その管理権原者は当該建物の防火管理に必要な業務を行わせるため、実施責任者である防火管理者を選任し、消防機関に届け出なければなりません。

マンションの場合、延べ面積500平方メートル以上、全体の収容人員50人以上(店舗併設の場合は30人以上)の建物において防火管理者の選任が必要となります。

防火管理者に選任されるための要件は、防火管理業務を適切に遂行することができる「管理的、監督的地位」にあること、防火管理上必要な「知識・技能」を有していること(防火管理講習修了者、学識経験者等)とされています。多くのマンションでは居住者が防火管理講習を受講して選任されているようですが、講習では1〜2日間要することとなる上、防火管理業務の責任を担うため、手当を支給しているマンションもあるようです。

(2018年4月掲載)

回答の一覧に戻る