Mansion Reform

部屋

花粉対策

 花粉シーズンが到来しました。スギ花粉が飛散するピークは2月下旬からで、3月下旬からはヒノキの花粉が飛び始めるので、4月中旬まで花粉のピークは続きます。

 室内における花粉対策のポイントは「室内に花粉を持ち込まない」「室内に入った花粉を除去する」です。外出後は洋服や体についた花粉を落とす、洗濯物は外に干さない、空気清浄機を活用するなどの対策があります。その他にも簡単にできる花粉対策を紹介します。

(1)花粉対策カーテン
 花粉侵入防止や室内を浮遊する花粉の除去に大きな効果を発揮するカーテンがあります。量販店でも販売されているので、手に入りやすいです。

(2)吸気口の花粉対策フィルター
 2003年以降に新築されたマンションには、基本的に24時間換気設備が付いています。24時間換気設備は、2時間に1回室内の空気を入れ替え、シックハウス症候群を引き起こす化学物質やホコリなどを外部に排出する役割を担っています。給気口は外気を吸い込みますので、そこに花粉対策フィルターを設置します。昨今は汎用品も販売されていますが、給気口の形状によっては設置できない場合があるので、事前の確認が必要です。

(3)花粉対策網戸
 通常よりも細かな目をした網戸で、花粉をキャッチして侵入を防ぎます。網そのものを張り替えるタイプや、現在の網に花粉対策用のフィルターを直接貼るタイプもあります。網目が細かくなるため見通しは悪くなりますが、花粉の侵入を8割程度防ぐことができる優れものです。

 花粉は下にたまりやすいので、窓のサッシやバルコニーの床や溝へ降り積もった花粉の除去もこまめに行いましょう。花粉は舞いやすいので、拭き掃除がおすすめです。バルコニーもほうきではなく、モップでの拭き掃除や水を流して掃除します。大量に水を流すと下階への漏水などの原因となるので、バケツなどから水をそっと流しましょう。


花粉対策