Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 >ヴェルディーク尾張瀬戸(愛知県瀬戸市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

ヴェルディーク尾張瀬戸(愛知県瀬戸市)

ヴェルディーク尾張瀬戸(愛知県瀬戸市)
建設概要
平成26年9月竣工
鉄筋コンクリート造
地上13階建
[総戸数]36戸
愛知県瀬戸市
[事業主]オンズ・コンフィアンス

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

入り口

入り口

 総会で説明された予算資料の中で、電気料金が高額であったため、コンサルタント(マンション管理士)に無料診断を依頼したことがきっかけでした。診断の結果、電気自動車の充電用に大容量の契約を結んでいたことが判明し、即座に契約変更をしました。

 コンサルタントによれば、管理を見直すことにより、当時の管理委託費から25%程度削減できるという見込みでした。そこで、コンサルタントと顧問契約を締結し、管理会社を変更することを前提としつつ、前管理会社と折衝する方針としました。

 結局、外部顧問と共に管理検討委員の募集や仕様書の確認、入札など、トータルで1年半ほどかけて管理会社を変更しました。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

エントランス

エントランス

 2016年の居住開始早々、輪番制で理事に選出されました。当時は副理事長でしたが、管理会社変更の旗振り役であったことなどから、2017年に理事長に就任しました。2018年3月から1年間、海外出張のため理事から外れましたが、懸案であった配線工事に関する訴訟のため、今期再び理事長に立候補しました。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

駐車場

駐車場

 まず立地を重視しました。2011年の東日本大震災の時に仙台に居住していた経験から、南海トラフ巨大地震による津波の到達しない地域であることが第一条件でした。

 また、賃貸や売却の可能性も考慮し、駅や病院などの周辺施設が揃っていることと、その中で価格面で折り合いのつくところを選びました。

お部屋の中で気に入っているところ、直したいところがありましたらお聞かせください。

 周辺に高い建物が少なく、見晴らしがよいところが気に入っています。また、リビングは北欧風テーブルと椅子、照明で統一感を出しました。

マンションの共用部分、付属施設などで気に入っているところがありましたらお聞かせください。

 1階共用部分が最も上品に見え、気に入っています。また、通販の利用頻度が高いため、宅配ボックスが非常に便利です。

最近、組合で取り組んでいることや解決されたこと、課題などがありましたら、お聞かせください。

 今期は売主会社に対する配線工事に関する申し入れが最優先課題です。具体的な内容としては、ごみ集積所内の防犯カメラ用電気配線について、竣工図では記載があるにも関わらず、実際は未施工でした。本件はすでに総会決議で承認を得ており申し入れを開始しています。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

せともの祭の様子

せともの祭の様子

 瀬戸焼で有名なだけあり、道路脇のオブジェなど趣深いものが多く見られます。

 最寄駅の周辺には陶磁器関連の店が多く並び、4月のせと陶祖まつり、9月のせともの祭の時には、屋台などと共に活況を呈します。陶祖とは瀬戸の焼物の祖、加藤四郎左衛門景正を指し、関連する深川神社もあります。ちなみに深川神社近くのうなぎ料理店・田代は絶品と評判です。


粕谷 亮さん 理事長さんのプロフィール

粕谷 亮さん 39才
(かすや りょう)

貴金属リサイクルに関する研究開発等を行っている。
趣味は弦楽器(チェロ)演奏、クラシック音楽鑑賞、旅行。

2019年12月掲載