編集部からのご回答

生活

油汚れの落とし方

油汚れのおすすめの落とし方はありますか?

油は時間がたつと冷えて固まり、定着して落ちにくくなる性質があります。頑固な油汚れを落とす方法をいくつかご紹介します。

■お湯と洗剤を使って浸け置きする
お湯に洗剤を入れてつけ置きをしましょう。油汚れが浮いてきたらお湯から取り出し、残った汚れをブラシと洗剤を使って掃除すれば、汚れを落とすことができます。

■重曹ペーストを使う
アルカリ性の重曹は、酸性の油汚れに使用すると中和して柔らかくする性質があります。重曹に少しずつ水を加えてよくかき混ぜ、ペースト状になったものを油汚れに直接付けてこすれば、油汚れを落とすことができます。取り外すことができないガスレンジや換気扇のフードの掃除におすすめです。

(2019年10月掲載)

回答の一覧に戻る

靴のにおいを取る方法

靴のにおいを取る方法を教えてください。

簡単にできる、におい対策を紹介します。

10円玉と乾燥剤を靴の中に入れるだけで、においを抑えることができます。靴のにおいの原因は、雑菌です。湿気が多いと、雑菌が繁殖してしまうので、乾燥剤を入れて防ぎます。10円玉の銅イオンは雑菌を死滅させる効果があります。

保管する際に、片方の靴に3〜5枚程度、全体に散りばめて入れましょう。重曹を使った対策もおすすめです。不要な布や靴下に重曹を入れ、それを結んで靴の中に入れると消臭効果があります。

他にも、靴を風通しの良い場所に置く、下駄箱の換気を行うなどもよいでしょう。

(2019年9月掲載)

回答の一覧に戻る

液体洗剤と粉末洗剤の違いについて

液体洗剤と粉末洗剤は、どちらがよく汚れが落ちますか?

おおまかな違いは、液体洗剤が中性で粉末洗剤が弱アルカリ性という性質の違いです。

衣服などの汚れの多くは酸性であり、粉末洗剤の成分は弱アルカリ性なので、汚れが落ちやすいのは粉末洗剤です。食べこぼしやしつこい汚れが多くなる小さいお子さまがいる家庭にはおすすめです。しかし、粉末洗剤には蛍光増白剤という成分が入っていることが多いので、色柄物には不向きで、色落ちの原因や衣服を傷める可能性があります。繊細な衣類の多い家庭には液体洗剤が向いています。ご家庭で洗濯する際、何に重きを置くかで選ぶべき洗剤は変わります。

夏場はしつこい皮脂汚れが多くなるため粉末洗剤、冬場は水温が低く粉の溶け残りの可能性があるため、液体洗剤、通年で繊細な衣服を洗う際はおしゃれ着洗剤を使用するなど洗剤を使い分けするのもよいでしょう。

(2019年8月掲載)

回答の一覧に戻る