おばあちゃん

小さい頃買ってもらった日光の小銭入れ今も大切にしています。
毎年夏に会えるのが楽しみで、最終日に食べる
おばあちゃんののり巻きは、美味しくて大好きだけど、
「お別れの日」ってことがさびしくもありました。
私たち孫も大人になって、定期的に会えなくなったけど
おばあちゃんに教えてもらったのり巻きは、よく作っていました。
80を過ぎてからのおばあちゃんは、コロコロしていたのが
嘘のように小さくなって、その現実から目をそむけたくなりました。
私の結婚と兄の結婚を本当に喜んでくれましたね。
子どもを抱かせてあげれなかったのが、心残りです。
ちゃっかり宿ってくれてるかな?
おばあちゃんのように優しく器用な女性になりたいです。
いつまでも私のなかのおばあちゃんは優しい笑顔です。ありがとう。
また、みんなで笑って会おうね。

愛孫 愛より

まえへ もどる